いろんなダイエットに興味があり、これまでも実践をした来たものもありますが、一つ嘘くさいと思うものがあります。それはバナナダイエットです。テレビでも話題になりました。芸能人の方がテレビで実践されていたこともあります。それを見ると効果があるような気もするのですが…

何故嘘くさいと思うのかというと、理由があります。ダイエットって、太っている人がするわけではありませんね。やせ形の人だってダイエットをしてもっと絞りたいと思う人もたくさんいます。そのために万人が実践できる方法がダイエットとしていい方法だと思うのです。

しかし、バナナダイエットの場合は、結構バナナのカロリーありますよね。100gで86キロカロリーです。バナナダイエットの時には、朝食の代わりにこれを食べて過ごすという方法です。またバナナを食べる量は1本でも2本でも構いません。
この方法だと普段からカロリーの摂りすぎ、また太目な人に朝食としてバナナを取り、あとは普通の食事をすると一日のトータルのカロリー量が抑えられいいような気もするのですが、太ってない人に対しては朝食をバナナに換えた程度ではカロリーは変化ないような気がしています。そのためにあまり効果がないのでは?と感じるのです。

ダイエットというのは、要するに摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。結局何を食べたにしても摂取カロリーが上回ってしまうとカロリー過多になり、痩せることはできません。その基本さえわかっていれば朝食をバナナにしたところであまり効果がないような気がするし、ちょっと嘘くさいと感じるのです。
uso9
ただし、太っている方にはいいと思います。普段からカロリーが多めなので、バナナに置き換えてある程度まで体重をグーンと落とすことが出来るでしょう。また腹持ちはいい食材なので、胃を小さくする効果はあると思います。しかしながらそれはある程度の限界があるでしょう。ある程度まで体重を減らすことが出来ると、そこから先はダイエットの効果はないと思います。なぜなら摂取カロリーと消費カロリーが同等になってそれ以上体重が張っていかないからです。そのためバナナダイエットをする時には、自分の体型を見て、また普段の摂取カロリーを見てから始める必要があると言えます。

uso7
巷にあふれているダイエット方法の中で嘘くさい、成功しにくいと感じるのは「置き換えダイエット」です。方法を聞くととても合理的なので良いようにもとらえられますが、このダイエットはなかなかハードルが高いです。

3食のどれかを低カロリー食品に置き換えるのが置き換えダイエットの基本ですが、果たしてそれだけでダイエットできるものなのでしょうか?確かに置き換えてそれをずっと続けていけば理論的にいつかは痩せられるはずですが、食生活をそこまできっちりと管理できるのなら最初から太っていないはずです。その管理ができないからこそ太ってしまうのです。

また、百歩譲って仮にそれがしばらくの間できたとしても、毎日同じような食事になってしまったら味に飽きてしまいます。仮に低カロリーの野菜サラダに置き換えたとしても、その味がずっと続いてしまうのでは、食べることが好きだからこそ太ってしまった人にとっては耐えられない苦痛です。そうすれば何日かは我慢できたとしてもそのうち高カロリーで濃い味の食べ物に対する欲求が高まってしまい、リバウンドしやすくなります。

また、置き換えダイエットをするということはもちろん間食をしないことが前提ですが、それがすでに高いハードルです。太ってしまった人は間食することが多いので、それを我慢するというのはなかなか精神力を要しますし、その誘惑には勝てないのではないでしょうか?

置き換えダイエットそのものはしっかりとやりさえすれば効果的なのかもしれませんが、実際にそれで成功するとなるとそのハードルは高いです。2キロ3キロ太ってしまったのを戻すくらいには有効なのかもしれませんが、それ以上太ってしまっていると置き換えダイエットだけでダイエットさせるのは時間がかかりそうなので途中でギブアップしやすいです。

健康的なダイエットには違いないのかもしれませんが、その分精神力を問われるのが置き換えダイエットです。そして、その点がネックになってしまえば、無事に目標体重まで落とすことはなかなか厳しいです。ここ1番の頑張りが長い間続けられるのならダイエットは上手くいくのかもしれませんが、現実的な見通しはどうしても厳しくなってしまうのです。